~渋谷すばるが伝えること。渋谷すばるに伝えたいこと。受け止めて、一緒に歩いていきたい。ただ、そう思います。~
2007/09/03(月)14:48
私はやっぱり
関ジャニ∞が大好きなんやって
ただそう思った。

すいません、
重くなりました。
また語ってしまいました。

これが、あたしの大阪ツアー。
忘れたくなくて、1日2部後の夜書いたものに付け足しました。











すばるの調子が高くないことを
入る前に数人の子に聞いた。
眉間にしわ寄せてる顔の話聞いた。
信頼できる友達からだったから、
悲しくなんてなかったけど、
不安になった。
軽く言われた時は悔しくて。



そんなんに、絶対負けるか!って思った。
そんなんに、惑わされてたまるか!って思った。

自分の目で確かめられることが、
ほんまによかったと思った。

OP。
ずっこけのすばるは、
明らかにあたしが見た東京や広島の笑顔がなかった。
あの顔を見てしまっていたから。
比べたくなんかないのに、
知ってしまってたから、ちょっと不安になった。
でも、見たくないなんて思わなかった。
ただ、見続けた。
いつもはもっとみれる全員を、
すばるしか見れないOPだった。
直立不動のすばるに、
必至で腕振り上げた。



好きやねん、で丸がすばるを抱きしめた。
すばるがふっと笑顔になった。

explosionかな。
丸かな、ヤスかな、が一瞬すばるを前に押すの。
すばるは真ん中で踊るんだ。

あなたの立ち位置はいつもそこ。
いっつも真ん中。

ミセテクレのすばるは、
もうすばるの声だった。
声量は、
確かに少なかったの、あたしには。
最初のあおりもなかったの。

でも、
すばるがだめだなんて一切思わなかった。
すばるじゃない、なんて思わなかった。


必至の姿が、
渋谷すばるという人をいっそう私らに見せてくれてた。

すばるの必至さは、
こっちが驚くぐらい伝わったよ。
何か伝えたくて、自分をどうもっていこうか、必至だった。


Edenで亮ちゃんの横にいるすばるは
そのままのすばる。

すばるBANDで場所を譲ったすばる。
丸が笑った。
ヤスが笑った。
たっちょんがちょっとすばるを見た。
すばるは何度も横を向いてた。

あたしはこの曲が大好きです。


レンジャーで、
グリーンの振りに思いっきり笑ったレッド。
ブラックのテンパリに笑うレッド。
最初こそやる気なのに、だんだん責任の重いナス役に緊張するレッド。
ナスの歌声にブルーと本気笑いするレッド。

やっぱり、
あのメンバーの中にいるすばるが好き。


レンジャーからあとは、
もう安心してすばるを見てた。

悲しい恋の声量は完璧だったし、
Do you~?のくだりなんてものすごかったし、
1ヶ月ぶりの強情の煽りに泣きそうにすら、なった。

客席は任せて、って言いたかった。
全部eighterに委ねてって思った。
すばるは委ねないんだけどね。
すべては、委ねない。
そして委ねきらないすばるがライブを創る。


すばるのジャンプに一秒たりとも、一回たりとも迷わなかったから。
タイミング、同じだったから。

どの場所だろうと、
すばるが跳べっていってくれたらあたしは跳ぶ。
煽るなら、応える。
シンプルな事。


届きましたか?


渋谷すばるの声がいつものように入り込んでた。

孤独な
一匹狼のようなイメージがすばるにはある。

それは自分を曲げない意志の強さや、
集団で前にでない姿や、
たまに黙り込む姿や、
人を信じられないという一言からなのかもしれない。

本当は、
誰よりも人が好きなのに。
信じたいくせに。
信じられるメンバーが大好きなのに。


一匹狼のイメージなんてそれでいい。
でも、あたしはそのイメージは別にいらない。
孤独なすばるを見て、守りたいなんて、思わない。
寂しそうなすばるを、かわいいとは、思わない。
ちょっと冷たくされて悲しそうなすばるはめっちゃかわいいけど笑。

強いすばるだから。
強いのに、弱いすばるだから。
強がりで誰よりも儚くて、不器用で、でも誰より熱い人。
誰よりも言葉を発する人。
誰よりも自分を表現できる人。
誰よりも、
笑顔が似合う人。

『ねぇ 離さないでね』

離さないよ。

見続けたい。


今回、
ものすごい「関ジャニ∞」を見た。
いつもは渋谷すばるを見て、関ジャニ∞を見るの。

今回、
メンバーの中にいるすばるを見た。
その渋谷すばるがあたしは大好きだって思った。

すばるを見るメンバーも大好き。
メンバーを見るすばるも大好き。
もちろん渋谷すばるという歌い手が、大好き。



関ジャニ∞が最強な理由がまたちょっとわかった。
自分で感じることができた。
補うんじゃない、
足りないところを付け足すんじゃなくて。
そんな単純なことではなくて。

全員揃って、関ジャニ∞で。
揃うから関ジャニ∞で。
誰がどこを補うとか、そういったことじゃなくて。
うまくぜんぜんいえないけど、
すばるがあそこに居てよかったって思ったの。

要は、8→1がすべてをあらわしてるんだ。


あたし、関ジャニ∞の中で一番すばるが好きなんか?って思ってしまった。
あたし、渋谷すばるが好きやねん。
世界一、好き。
そして、関ジャニ∞が好き。
世界一、好き。
決して渋谷すばる>関ジャニ∞にならないあたしの心。
変かな。
もちろん逆にもならないよ。


だからって、
すばるへの気持ちが低いなんて思わない。
そんな自分の考え方、なんかよくわかんなかったりするけど、
こんな見方があってもいいのかなって思う。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://subaru1217m.blog87.fc2.com/tb.php/142-b5f70043
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
プロフィール

みほ

Author:みほ
関ジャニ∞は世界一!
渋谷すばるは最強!!

関ジャニ∞の無限の可能性を信じて、
渋谷すばるの夢を、ただひたすら
一緒にかなえていくことが、
それが
あたしの夢であり、願いです。


出逢えたことが嬉しくて・・
ここに辿りついた方はみんな大切な仲間☆

ご訪問ありがとうございます。

コメント、メールいつでもお待ちしています★

月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク